次世代ニュースNEWS

2019-10-21:

フェイスブック創設者 マーク・ザッカーバーグ氏が語る「希望を持って未来を生きる為の人生の3つの心構え」

フェイスブック創設者 マーク・ザッカーバーグ氏は「世界中の人々が”使命”を自覚できる世の中を作ること」が私たちの世代の挑戦なのだと語りました。

"使命"とは、より大きな何かの為に生きている感覚の事だとザッカーバーグ氏は語ります。
そして「世界中の人々が希望を持って未来を生きる為の人生の3つの心構え」を語りました。

まず、1つは「意義のある大きなプロジェクトに取り組むこと」です。

この社会では、失敗を恐れるあまり挑戦する事を諦めてしまう人々がいます。
今日問題を解決しても、また明日にはなにかしらの問題が出てくるのが現実です。
でも、それを言い訳にしてはいけません。
周りに理解されない覚悟をしてください。
どんなに正しくても、大きなビジョンを持つと馬鹿にされる事もあります。
でも、ためらう事はありません。私たちの世代が偉大な軌跡を残す時なのだとザッカーバーグ氏は語ります。

そして2つめは「平等という概念を見つめ直し、全ての人が自分の使命を追求する自由を持てるようにすること」です。

私たちの世代は大なり小なり起業精神を持ち、プロジェクトを始め参加しています。
そしてこの精神が近代の発展をさせてきました。
様々なアイディアを試せる環境は、起業文化の繫栄に繋がります。
ザッカーバーグ氏も、フェイスブックを生み出す前にはチャットソフトやゲーム、勉強ツールや音楽システムを試しました。
偉大な成功は”失敗する自由”からくるのです。
そして、使命とは必ずしも働くことだとは限りません。

3つめは「コミュニティの想像」です。

世代交代と共に人類は"私たち"="世界中の人々"と認識する輪を広げてきました。
より多くの人々が手を取り合い協力する事で繫栄をしてきました。
"自由で寛大な国際コミュニティ"対"権力で独裁する国家主義"という2つの勢力。
これが私たちの世代が直面している戦いです。片方は知識、物流や移民の流動を目指し、もう片方はそれを引き留める。
これは国家間の争いではなく思想の戦いです。
そして、この争いの結末はあなた次第です。
思想は完全な状態で生まれることはなく、磨くことでしかその真実は見えない。

「You just have to get started.」

全ては”始めること”から始まります。

ザッカーバーグ氏は、使命こそが本当の幸せをもたらすと語りました。